ピルの画像

ピルは正しく使えばとても便利な薬でメリットも多い薬ですが、デメリットがないわけではありません。高いリスクがあるわけではありませんが、正しい情報を得て使用しましょう。

ピルとアンジュと更年期について

日本では、10代で性行為を行う女性が増えています。
性の知識が乏しく、避妊について知らないため、望まぬ妊娠をして中絶する女性も少なくないのです。
女性にとって避妊について詳しく知ることは、自分の体を守ることにもつながります。
現在、日本では様々な避妊方法を選択することができます。
一般的に知られているのが、コンドームです。
コンドームを使った避妊は、男性の性器に装着するだけなので簡単ですが、正しく装着しないと避妊が失敗することもあります。
コンドームには、使用期限があり、使用期限を過ぎたコンドームは、破れてしまうリスクがあるので使用しないほうが安心です。
また、材質の劣化を防止するために、保管する場所には注意する必要があります。
コンドームは、コンビニなどでも購入できるため、多くのカップルが避妊のために使っています。
しかし、避妊に失敗する可能性もあります。
ほぼ確実に避妊できる方法が、低用量ピルです。
低用量ピルは、欧米では昔から知られている避妊法で、ドイツでは女性の半分はピルを使って避妊を行っています。
最近は、日本でもピルを使う女性が増加しています。
低用量ピルは、生理痛の緩和や子宮内膜症の予防など避妊以外のメリットも多いです。
更年期が近づくと、女性はホルモンバランスが乱れて様々な体の不調が出てきます。
低用量ピルを服用することで、ホルモンのバランスが整い、心身の状態が安定する人も少なくないです。
低用量ピルには、様々な種類があります。
アンジュも、低用量ピルのひとつです。
ホルモン成分が3段階に変化し、徐々にホルモンの量を増やしていきます。
アンジュは、厚生労働省の承認を受けた治療薬で、日本ではもっとも普及しているタイプの経口避妊薬です。