ピルの画像

ピルは正しく使えばとても便利な薬でメリットも多い薬ですが、デメリットがないわけではありません。高いリスクがあるわけではありませんが、正しい情報を得て使用しましょう。

ピルを正しく理解しよう

男性と女性が性的な関係を持つことになると、やはり気になるのが妊娠をしてしまう可能性でしょう。最近は交際をしていく中で早い段階でセックスをして、愛情を確認していくというカップルも多いものです。それが将来につながることがなくても、その時にはいいという考え方もあるのです。ですから、結婚をしたりするようなことを考えていなくても性行為をするのが普通の時代なので、もしも子供ができてしまったら本当に困ってしまうこともあることでしょう。それを未然に防ぐためにも避妊をする必要があるのですが、男性がつけるコンドームのほかにも今は女性が飲むピルも知られるようになりました。
ピルというのはホルモン剤が入っている錠剤であって、服用し続けることでホルモンバランスを整えます。そして生理周期を28日に固定することができて、その周期の中で排卵を抑制することができるのです。つまり排卵を抑えることができることによって、女性の体内に精子が入ったとしても受精をする機会がないということになるのです。毎日きちんと飲み続けることで高い成功率を誇る避妊方法であって、女性が自分でできる避妊法として手軽なのです。
またピルには避妊目的以外で服用する人もいるのです。これが生理不順や生理痛や排卵痛の緩和などになります。排卵を抑制することによって、一時的に子宮や卵巣を休めることができたりもするのです。
ピルを入手するためには、産婦人科などの医療機関を受診して、専門医に診てもらうようにします。そこで処方してもらうことになるのです。また、海外からの個人輸入でも購入できるので、安く手に入れたいのならそれもいいでしょう。ただ持病がある人では、一度診察を受けたほうが安心なのです。